+1

2010/11/21

衛星設計コンテスト

第18回衛星設計コンテストに参加した。衛星設計コンテストというのは学生が宇宙機の設計を行い、そのアイディアの独創性と設計のレベルの高さを競うコンテストのこと。ロボコンと違ってモノじゃなくプレゼンテーションで勝負するので、コンテストというより学会のような雰囲気がある。とはいえこのコンテストで大賞に輝いた設計は、数年後に形になって宇宙へ打ち上げられることもあり、立花隆曰く「日本で一番クオリティの高いコンテスト」だ。

参加を通じて思ったこと。
  • アイディアは全く新しい物を探すよりも、科学、リモセン、通信など現在人工衛星が使われている分野で探す方が深いものになる。ニーズを全く0から作るのって本当に難しい。それより、ちゃんと昔からニーズはあるんだけどコストがかかるからやってこなかった、っていうものを解決するとこにアイディアを傾けた方がよい。んでそのニーズを持ち寄るために、参加メンバーはバス機器開発者だけじゃなくていろんな学部のやつがいればいるほど面白い。今回は全員機械系のメンバーだったので、ネタを絞り切るのが一番大変だった。
  • 参加したのはアイディア部門。募集要項には「応募者の提案する宇宙ミッションの独創性・有用性を競うもの」とある。1次審査後の質問書ではミッションの意義に関する質問が多くあって、最終発表の資料作成時にはニーズから設計根拠が論理的につながるかっていうとこに時間を割いた。ところが最終審査当日の質問はほとんどバス機器設計が有効かどうかっていうものだった。アイディアそのものに対する審査が1次審査で、最終審査は結局設計を見るものだってのを次回参加者には伝えよう。
  • 資料作成時の、みんなで議論しながらストーリーの流れの整合性を取っていくって作業は面白かった。またテーマが津波観測だったので、津波そのものやらNOAAの津波予測やらがしれて楽しかった。研究室の仕事の良い気分転換だったと思う。
  • こんなカメラきぼうの曝露部に乗っけたら面白い映像が取れるかなっと思ったけど、それをエンターテイメントとしたときに需要があるのか、採算が取れるのか(きぼうに物を送るのはくっそ高い)っていうとこを詰めきれなくて流れた。どっかで温めとこう。

2010/04/24

英語が使えるアルバイト

ご無沙汰しております。
帰国して都内一人暮らしの家も見つけて無事日本の研究室生活に戻っています。
そんな生活も先立つものがなければ始まらない。

生存確認代わりに、英語を使えるアルバイトを探した結果を載せておきます。
まずはここから。

【ゲストハウス系】
ゲストハウスに泊まり込みでスタッフとして働いたり、外国人向け賃貸の斡旋をする仕事。このへんは英語だけじゃなくて各種言語welcome.
カオサンハウス
サクラハウス

【道案内】
旅行者の案内(ボランティア)
大きな街に旅行に言った際に、よくフリーのガイドのウォーキング・ツアーに参加していた。フリーの割に結構細かなこと、街中の小さい彫刻の説明なんかもしてくれて、料金はチップ制。あんな仕事ないのかな。通訳案内士って儲かるみたいですね。

【飲食店系】
各国料理屋、ハブ、ホテル、各種販売店etc...

個人的には家庭教師でいい感じに稼ぎつつ、週末に上記面白そうなバイトができたらなーと思ってますが、忙しい研究室だしそううまいこといかないだろうな。

他には語学関係ないけれど ロフトプラスワンっていうトークライブハウスに行ってみたい。

帰国組の皆どうやって外国語環境を保っていっているんだろ??

2010/03/20

Smart casual/ Linked in

8ヶ月に渡るインターンが終わった。

…とかそういうのは後で書くとして、そういえば去年のこの時期、「スマートカジュアルとはなんや?」ってのが話題になってたのを思い出した。壮行会in Japanはお偉いさんが来るのでスーツで、でもkick off meeting in Brusselsは"Smart casual"で来るようにと言われていた。

こっちに来てわかったのは、日本で言う「きれいめな恰好」がこれにあたる。一個Shipsのジャケットをこっちに持ってきてるんだけど、Tシャツの上にでもそれ着て会社に行くたびに「なんか特別な日なのか?」って聞かれた。まーでも、エンジニアって本当にラフな格好で仕事するからな。常識内でTPOをわきまえれば大丈夫だと思います。Visitorを案内するときは大抵みんなスーツを着ていたし。


こっちに来る前にFacebookLinked inに登録だけしておくことをおススメします。
Facebookはもはや説明が要らないとして、Linked inってのはビジネス版SNS。プロフィール欄には技能・職歴・学歴なんかを入力するようになってて、仕事で出会った人はFacebookよりむしろLinked inのアカウントしか持ってない人もいた。
過去のVinEの先輩にはこれを使って就職先を見つけた人もいます。ただ同僚によると、アメリカではJob huntの際に、企業側が応募者のデータベースとして参照することはあるけど、ヨーロッパではそこまで使われていないんじゃないかとのこと。いかんせんサンプル数が少ないので、こういう常識を知るのって難しい。


目下の悩みどころは大量のワッフルとビールをどうやって持ち帰ろうかということ。次期ヴルカヌス生も準備頑張ってください。

2010/03/10

ベルギーから日本への宅配 [メモ]

【別送品とは?】
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/bessouhin.htm
輸入とみなされないまでのお土産のこと。

【免税はどの程度まで許される?】
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm
10コ0.8ユーロのワッフルは1000個まで免税になる。

【各社比較】
日通 別送船便
http://www.nittsu.eu/be/pelican_seapack.html
・1パック125ユーロ 
・1箱の最大重量:30kgs
・1箱の最大容積:3辺(縦・横・高さ)の合計が150cm以内
・請負から宅配まで 60日程度

ヤマト 国際宅急便 
http://www.kuronekoyamato.co.jp/kokusai/ryoukin.html
・航空便貨物
・10kgまで115ユーロ
・25kgまで156ユーロ


ベルギー郵便局 SAL便
・10kgまで104ユーロ
・それ以上だと156ユーロ

DHLなんかの民間は未確認。まー高いよね、きっと。

2010/01/31

バルセロナ・モロッコ①

もう3週間前になりますが、旅行の話。

ヴルカヌスの企業研修中の有給は最大15Working days,平日5日×3で丸3週間。ちなみに国と会社によってクリスマス休暇がどのくらい取れるかは異なります。うちの会社のOfficial holidayは12月31日と1月1日だけでしたが、イタリアの同期は1カ月ほど休みになったそうな。まぁこれは異常か。

んで、これを最大限使い切るべく、今回は丸1週間休みを取ってドイツ組の友達とバルセロナ・モロッコに行ってきました。

ピカソ博物館では春画展をやっていた。日本の版画の発展の上で、春画は大きな役割を果たしたそうです。まじまじと見てしまったのだけど、春画って文章が書いてある。あれ、エロ漫画のセリフと大差ない、擬音語やセリフがほとんどでした。用途もそれと同じだったらしい。…ってこんなところまで来て何を見ているんだ。ピカソは90歳の生涯現役だったらしい。彼のような生き方に憧れます。

グエル公園、ノーコメント。

サグラダ・ファミリアは大満足。併設された小さな博物館で、ガウディが細部に込めた意味(自然のどの部分から取ったとか、幾何学模様とか)を解説していた。カテナリーってそう使うのか。ガウディもそうだけど、その後の設計を担当した人(名前は忘れた)も数学的センスにあふれる人だったようです。

これは塔に登ってる最中に垣間見えた、教会の中身。たまたま晴れていたおかげで、ステンドグラスの光が綺麗だった。ナウシカに出てくる、腐海の地下の浄化された森を思い出した。完成まであと100年とか言われているサグラダ・ファミリアだけど、この教会にあと100年参拝できないのは人類にとって損失だ。

他にもクラブ好きな同期と遊びやすいバルセロナのお陰で滞在中毎日クラブに行ったり、久々に古着屋ショッピングできたり、いい街でした。嫌だったことと言えば、夜少年にポケットの携帯を奪われそうになったことくらい。スペイン組のみんな、美味しいパエリアをありがとう。

モロッコ編は明日にでも書くことにします。おやすみなさい。

2010/01/19

Vulcanus in Europe program ヴルカヌス・イン・ヨーロッパ

ちょいちょい質問も来るし、次期ヴルカヌス生の準備の時期でもあることなので、 ヴルカヌスお役立ちサイトを載せておきます。

「そもそもヴルカヌスってなんぞや?」
日欧産業協力センター

「ヨーロッパでどんな生活をしているの?」
 09年度生ブログまとめサイト
もしくは右下のリンク集

「かゆいところまで手が届く準備情報」
ヴルカヌスQ&Aサイト(非公式)


なんかあったら右下のフォーム(うまいこと表示されないかも)から連絡ください。

2010/01/15

セールスの方々

昨日の全体ミーティングに引き続き、今日は世界中の支社から来たセールスの人たちの見学会でした。社内の新プロジェクト、新技術をセールスの人にプレゼンするというもの。セールスの方々、皆猛禽類の目をしている。同じ会社なのにエンジニアとセールスでここまで人種が違うものなのか。矢継ぎ早に技術的に突っ込んだ質問をしているところを見ると、やっぱり技術系の会社の営業ってエンジニア出身の人がほとんどなんだろう。HiLが営業の中でも常識のように使われていて驚いた。

モスバーガーでバイトしてた友達が、「俺、自分が美味いって思えるものじゃないと人に本気で薦められないんだよね」って言ってた。セールスってそういうもんか。

2010/01/14

company meeting

4th Quarterのカンパニーミーティングがあった。全世界の支社から主にセールス部門の人たちがLeuvenに集まった。具体的なことは書かないように気をつけます。

アジェンダ
・Q4および2009年の業績まとめ
・新エグゼクティブ・チームの紹介
・今季のスローガンの発表(Winning in the new world)←どうなのこれ。
・長期予測に基づいた2010年度、そしてその先の目標の共有
・ゲスト・スピーカー(ベルギーの極地探検家)の講演
・2009年度に企業に貢献した人の表彰

--------

・社会人になるということは、俗世間にまみれるということだと思う。ってまみれた大人たちと話して思った。学生の間って大事だ。
・うちの会社はK.U.Leuven発祥のベンチャー企業。マイクロソフトにおいてビル・ゲイツがプログラマー、スティーブ・バルマーが経営のプロ(あれ、でもビル・ゲイツも経営の才能が凄かったんじゃなかったっけ)だったように、うちの会社も工学博士号を持つCEOと、彼の幼馴染で経営を任されていた人で長年運営されていたらしい。天は二物を与えず。
・外資の日本支社はやっぱり日本の会社。
・全体ミーティングでの表彰はモチベーション上がる。
・エンジニアにとっていい職場って、クリエイティブな作業に没頭できることだと思う。

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.