+1

2011/03/19

放射線量の比較の仕方について






TEPCOの福島原発モニタリング値(正門) と、たまたま見つけた茨城県の放射線量、そして先輩の作った東工大@目黒区のガンマ線カウント値を比較してみた。東工大の測定結果だけ単位が[count/sec]なのに注意。詳しくは先輩のブログ参照。時系列・縦軸は無理やり合わせこみました。

・大きなピークは3者間で時差を持って現れており、ある一定の時間差で原発で放出された放射性物質が飛来していることがわかる。

・茨城県のHPには、胸部レントゲン(50[μSv])が引き合いとして出されており、健康への害がないことが強調されている。ただし蓄積量で見ると約96[μSv]蓄積しており、既にレントゲン写真を2枚撮り終わっていることになる。蓄積速度と蓄積量を比べるところに疑問を感じる。さらにレントゲン写真や宇宙線は外部被ばくであり、放射性物質を体内に取り込む内部被ばくと直接比較することには抵抗がある。

・これは別に茨城県に限ったことではなく、福島県の測定結果を見れば、原発から北西に40kmの飯舘村で、18日夜に20[μSv/h]を観測していることなど、各方面で見られる。

・最近の報道やtwitterの論調を見るに、放射線量を様々な医学療法や他地域の被爆量と比較するとともに、タバコによる発がん可能性と比較するなど、「いかに被爆を防ぐか」よりも「どこまでなら被爆してもいいか」となっていることに危機感を感じる。例えば宇宙飛行士が浴びている宇宙線は外部被ばくであり、前述したように内部被ばくではない。さらに今回の被爆は成人だけでなく妊婦、乳児などにも同様に降りかかる。その評価に関しては慎重になる必要があると思う。

2011/03/15

さてさて

・放射線の単位について
以下は放射線従事者研修時の資料を参考にしてます。
放射線業務従事者の、放射線量限度は100ミリSv/5年、最大50ミリSv/年。
ただしあくまで「従事者」の「最大値」なので、一般には1ミリSv/年が最大と言われてます。
1年は365日=8760時間なので、1mSv/年というのは約1×10^-4ミリSv/時間で、0.1マイクロSv/時間。
最大値の50ミリSv/年でも、換算すると5マイクロSv/時間。


・東京日野の室内のガイガーカウンター情報。http://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html
3/15の午後0時過ぎに、1時間程度?の期間0.8マイクロSv/時間に達しています。

福島の原発から日野までは300km弱。平均3m/sの風で27時間程度です。

ついでにもう一個、
福島の原発で観測された放射線量のデータが公開されていました。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031509-j.html
上記日野のデータの27時間前、3/14の午前9時頃に該当するデータはありませんが、、、

今朝6時を境に、正門付近のデータが安定して1mSv/hとなっています。

3/16 09:30 追記です
大学の先輩が同じ時期に同じことを考えていました。
スキルがある人は違います。こっちは丁寧なグラフ付きです。
http://spacewalker.jp/mt/spacewalker/archives/3786
今朝の観測データ@東工大から、今朝3時くらいから都内の放射線量が微増していることがわかります。
理学部の助教さんの作った計測器なので、信頼のあるデータです。
日野のカウンターの値と比較して、目黒でだいたい0.3μSv/h~1μSv/h。
※決して健康に害があるレベルではありません※

どう解釈しても良いですが、言えるのは、福島原発の放射線量と、都内の(健康に害がないレベルの)放射線量には15~24時間くらいの時間差で関連性があるということです。

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.