+1

2011/12/24

DAWN(更新)

全く季節性のない投稿です。

留学中、「魔女の宅急便」にやたら共感することと、日本語の活字に飢えること、の2つがあった。魔女宅は悩んじゃいないけど、文字通り誰一人知らない街へ行き、身近な人達から広げていって自分の居場所を獲得するっていうサクセスストーリーに、「あーこのパン屋はこの人やなぁ」とか思いながらなんとなく自分の状況を重ねた。もうひとつは中毒性があって、インターネットがあるから日本のニュースサイトを徘徊したり、読みたい本を親に注文して取り寄せてもらったりしていた。

今回読んだ「DAWN」も、そんな時に「ラジオ版学問ノススメ」を聞いて絶対読もう!と思っていた本。2年越しにブックオフで対面。





2036年、人類を代表して選ばれた6人の宇宙飛行士が、火星探査から帰還後の物語。娯楽小説としても、近未来の社会予想としても楽しめる。

登場人物とプロットが多いので、気になった考え方とともにネタバレにならない程度に抜き出してみました。下にちゃんとマインドマップが表示されてると良いのだけど。小さかったら右下のボタンで拡大してください。



1984年、華氏451度など、どちらかというと社会システムを扱ったSFはが好きなので(ちなみに華氏451はベルギーで読んだ)、この本も同様に面白かった。1984もこれも、Science FictionよりはSocial Fictionって感じだけど、未来予想をしてる小説はSci Fiに分類されるのかね。「SF」って言葉は、未来が科学によって左右されると思われてた時代に作られたのかな。この定義は難しいみたい。色んな事にサイクルがあるように、人の生き方を左右するファクターも科学→社会制度や主義主張→経済→科学→???と変わっていく。今年は科学を線形的・硬直的に進めていく危うさが露になった年。

社会システムの面で、ディヴィジュアル(分人主義)という概念は斬新だった。よく考えれば普段人間同士で当たり前にやっているんだけど、それをきちんと定義してあげているのがすごい。誰だってコミュニティや相手によって自分を演じ分けている。それがそういうもんだって最初っから決めてあげれば、悩んだり整理する必要もなくなって楽になる。社会の規範からは外れてるけど暗黙の了解とすることと、社会が陽に受容してあげることは違う。

あと社会の監視システムである散影について。おそらく執筆当初の2009年と現在で違うのは、これだけ多くの人がFacebookやTwitterで「いま、だれと、どこで、なにをしている」かを自ら発信するようになったこと。皆自分のディヴィジュアルを作りたがっている?

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.