+1

2012/04/26

4/26 慶應SDM講座 ソフトウェア開発におけるプロセス改善

慶應SDM公開講座
【現代ソフトウェアエンジニアリングの俯瞰図】第4回
4/26 慶應日吉キャンパス 独立館DB202室

1.プロセス改善とは?
2.改善へのアプローチと効果
3.プロセス改善の進め方とプロセス評価
4.プロセス改善の勘所と自立改善メソッド
5.プロセス改善の動向

--

1.プロセス改善とは?
プロセスとは?→伝達関数のこと。
JIS X 0160;ソフトウェアライフサイクルプロセス
どんなプロセスにも、オープン系とフィードバック系がある
◇プロセス能力のパラメタ
・予測能力
・制御能力
・効率

2.改善へのアプローチと効果
◇改善へのアプローチいろいろ
・成功・失敗経験
・効果の定量測定
・アセスメントモデル(??)

◇失敗経験型
障害発生→原因究明→根本原因究明→再発防止策の検討
◇目標達成型
GQM;Goal, Question, Metric
Goalを達成するために、何をどう測ればいいか(Metric)までQuestionでブレークダウンする
◇アセスメントモデル
組織の施策の成熟度をだんだん上げて行く方法
(その施策が)実施された→管理された→確立された→予測可能である→最適化している

3.プロセス改善の進め方とプロセス評価
◇プロセス改善の8ステップ(PDCAサイクルの詳細版)
改善目標の検討→計画立案の開始→現状診断→行動計画の立案→改善の実施→効果の確認→維持→定着
※ただし柔軟に!!順番や規模は随時判断してね。
◇アセスメントモデル
CMMI、SPICEなど。
※アセスメントモデルとは??
http://sec.ipa.go.jp/download/files/report/200612/sec-spiwg1-AMUG-20061218-v0.pdf
プロセス改善のフレームワークのこと。

このあとアセスメントモデルISO 15504の説明。ひたすら聞き流す。

4.プロセス改善の勘所と自立改善メソッド
・成功共有
・継続的に取り組む
・全員参加:全員が当事者意識を持つこと

プロセス改善ツール: SPINACH (Software Process Improvement with Navigation, Awareness, Analysi and Autonomy for Challenge)

5.プロセス改善の動向

【雑感】
IPAの人の内容は一般的すぎて、よっぽどなマネジメント層以外は直接役立つことがない。
でも考え方は今まで触れてなかったことなので、ソフトウェアの理想的な作り方について妄想を膨らませる時間としては良いのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.