+1

2012/08/30

会社員日記 分析

◆僕がこのブログを書くのは、というかなにか自発的に行動を起こすのは、周りから何かを押し付けられて、それに対する反抗の現れだ、って久々の社内教育を受けて思った。5月まで熱い日記が続いてて、6・7月になってぱたっとやまったのもそれ。だからもし僕が仮に生産的に居ようと思うときに考えるのは、そういう環境に自ら飛び込むことと、何の行動でそれを表すかってこと。望まなくてもそういう環境はくる時はやってくるから、もし生産的であることを望むなら。

◆活力ある組織、つまり構成員が自発的に改善をする組織は、組織の規模によらず、方針を決める人が構成員の共感を得られるか否かにかかってる。そのキーマンは決してマネジメントの能力がなくてもいい。共感を得られれば胡散臭くたってなんでもいい。

◆属する組織を愛するがために憂うのは、それを改善する大変さを体験、場合によっちゃ挫折したから。そうか、あの人は挫折を美談にしてるから失敗を繰り返してるのか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.