+1

2012/09/25

日記

今日は18時帰宅、午後はひたすら会議と議事録処理でフル回転。そっから別件対応で(ベッケンバウアーみたいな響き)、22時帰宅、晩御飯、今に至る。移動中、踏切を待っている間に降ってきたり、建物から出たら降ってきたり、嘘みたいにタイミング悪く雨に打たれた。こないだ友達の車に折り畳み傘置き忘れたのが全ての原因だ。

忘れ物自慢をすると、ここ数年で忘れ物リストは等加速度で増えていて、ボランティアに行って銭湯に財布を忘れ、公民館あたりにベストを忘れ、学会の帰りの新幹線にスーツのジャケットを忘れ、実家と友人宅にそれぞれiPhoneの充電器を忘れ、こないだは駅についた時に財布を部屋に置き忘れたことに気づいた。Pasmoで遠くの駅に行って、チャージ足りなくなってから気づくより良かった。

仕事をするにつれ、社内の人と自分の間に、求めるスピード感とクオリティの間に差があるのを感じる。僕が一番やる気出るのは、80%のクオリティのものをなるべく素早く作ること。でも今の会社にいると、スピードより沈思黙考して正確な仕事をすることが重要視されているのがわかる。盛り上がりに欠ける打ち合わせでも、皆じっくりとそつなくまとめることに長けている。そしてその結果手戻りが少なければ、最終的なスピードも早い。

…全く意図せず、忘れ物のエピソードと綺麗に繋がっていてヤだな。。

一緒に仕事をすることになったNPOの方がいるんだけど、その団体は現在拡大する時期にいる。確実にそれを実行するために必要になるのは、組織だった行動、意志の共通化。まるで企業でやっていることみたいだ。そしてそれはその人が本業の仕事でやっていることと全く一緒。そうすると面白くない。「NPO活動やボランティアに求めるのは、体当たりでがむしゃらに物事を進めることや、関わる人と触れ合うことですよね。」ってのがその人との共通の見解。


良かったこと2つ。

1つ目、朝、同期とすれ違いざまに無言でハイタッチしたこと。映画のワンシーンみたいで勝手にテンション上がった。脳内ではロッキーのテーマが流れてた。

2つ目、先輩がよくメールの末尾に打つ、「今日も可愛いあの娘のためにがんばりましょ」ってセリフが好き。大言壮語のためじゃなく、仕事のための仕事でもなく、頑張って仕事して、それがあの娘の笑顔につながるなら、ま、いっかってなるよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.