+1

2013/02/25

日記

ただの日記。

土曜日は午前中だけ、六本木新国立美術館のメディア芸術祭を観に行った。終わる前に行かなきゃ、と思って慌ただしく回ったが、美術館はやっぱり半日かけるくらいゆっくり観たい。ほぼ通過して終わった。

メディア芸術祭がアンテナに引っかかったのは、受賞作品の一つである、勝手に入るゴミ箱を作ったのが友達らしいという噂を聞いたこと。ちゃんと展示してあった。


ざっとしか見れなかったけど、PerfumeのPVも印象的。彼女らのダンスの動きを記録して、いろんなCGキャラクターにその踊りを躍らせるもの。展示では、いろんなキャラクターが同じダンスを踊っているのを壁一面に貼ったiPadで見せていた。消え行く現実の身体と極限まで現実に近づく仮想現実。

午後は友人に誘われた、注文の多い料理店の舞台を見に三鷹へ。

公演概要は下記。
http://kikh.com/chumon/index.html

動画見てもよくわかんないでしょ?多分言葉でこれを伝えるのはムズカシイんです。
簡単に言うと、宮沢賢治『注文の多い料理店』を、表情、声、動き、言葉、その他を使ってめいいっぱい表現してみました、みたいな。僕がパッと印象に残っているのは、The youngestの人の表情の豊かさと、人間と動物の境目ってどこだろうってこと。人間以外の動物って共食いするのかなぁ。

舞台見終わったあとは、一緒に見た仲間とリフレクションも交えながら飲んで飲んで飲みました。人それぞれ印象に残ったところも違って、それだけで面白かった。ちなみにこのメンバーは、2011~12年にボランティアに参加した時に知り合った人々です。ボランティアで知り合った人は、感覚が似ている人が多くて居心地が良い。


日曜日。朝から岩槻で墓参り。
父方の祖父が亡くなったのは、僕が中学生のとき。
母方の祖父母に比べてあまり話をしなかったので、亡くなってもあんまり具体的な感想を持てずにいた。
最近になって自分のルーツに興味を持ったり、自分が長男の長男であることをそれとなく考えてみたりした時に、彼がどんな人だったか興味が湧いてきて、親戚が集まった時に彼の生前の話を聞いたりしてた。



午後は後輩?が参加してた、東南アジア青年の船の事業報告会へ。

内閣府主催の国際交流プログラムは、どれも“海外に興味のある”学生には魅力的なものばかり。ヴルカヌス経て、一応海外経験者としてみた時には、長い歴史ゆえの卒業生組織の繋がりの強さが羨ましく見えた。このへんはまた別の記事に書きます。

驚いたのは、これらのプログラムが、皇太子の成婚記念としてぶち上げられたってこと。皇族って発想がゴージャスですね。

最後、週末の締めは、去年五島列島に行った仲間の同窓会。皆各場所で頑張っていて良かった。ついでに、最後に流れでバッグに入っていた本の見せ合いをた。これまた人柄がにじみ出ていて面白い。



愉快な仲間に囲まれて、忙しくも幸せな週末でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.