+1

2013/03/05

写真日記

先月、CANON EOS 60Dを買いました。これが楽しい。
最近はこれのおかげで旅行の楽しさを再発見しつつあります。
そんなわけで、写真で振り返る今週末。

最近の旅行のもう一つの楽しみは、最低ランクよりもう一つ上のランクのレンタカーを借りること。
スバル レガシィはスポーツモードが楽しい。心地良い加速感。
ちなみに僕は、車も家も、買う事自体がリスクだと考える派です。
家は賃貸か実家の土地に建てる、車はカーシェアリングが良い。
国産車の普通のセダンクラスだと、マツダのデザインが一番好き。
踏み込んでもあまりGを感じなくて、新幹線のような静かな加速。そこは個人的にはイマイチ。
車の写りはライティングの影響が大きい。
水族館に来た。
カメラ目線くれた。アザラシってすげー人間らしいのね。
人間のポートレート撮るのと一緒で撮りやすい。
名前忘れたけど徹子クラゲと命名。
デジ一の本領の一つは、繊細な髪の毛みたいなものを綺麗に撮れること。
エトピリカの捕食シーン。死んだ魚なんだけどね。
捕食シーンシリーズでは、ラッコが大食漢だってのにビックリ。
ホタテやサーモン、タラなどを、一人一日4kg食べるんだって。
自然界でもそんだけ食べてるのかしらん。
自然発酵…じゃなく発光するクラゲ。
案外明るく映る。
マダコ。
狭い水槽内を一生懸命泳ごうとしていて哀れだった。
タコって、吐いた水を動力に、水中を悠々と泳いでいるイメージ。
クリオネ、案外小さい。小指の先くらい。
捕食シーンは見れず。。
ハゼ「オレはこれから旅に出る」
室内だと特に、ホワイトバランス一つで写真の印象がガラッと変わる。
日の出と日の入りって、写真で見分けられるのかしらん。
ちなみにこれは太平洋からの日の出です。
これはもうちょっと絞っても良かった。
デジ一の最初のステップは、ボケ味を使いこなせることかしらん。
道端のメガネ屋さんのディスプレイ。
滝を下から撮ったらこうなった。シャッタースピード1/8000くらい、絞りF4前後、焦点距離50mmかそこら。
これ撮れた時、こんな簡単に撮れるんだって感動した。
明るい野外じゃないと無理みたい。次のターゲットはシャボン玉か。
某所ではもう桜が咲いていました。
メジロだけ暗くなっちゃった。野鳥撮影って楽しいのね。
枝垂れ梅、下から。
これももう少し絞ってもよかったか。これはこれでいいのだけど。
蕾。
冬来たりなば春遠からじ。
今年ほど春が恋しい年はない。なんでだろ。

定期的に休みをとって、頭ん中空っぽにすることは、自分がしたいことのモチベーションを蘇らせるために大事ですね。仕事に対するモチベーションは、むしろ仕事をし続ける方が(時として過剰なまでに)維持できると思うので、あくまでプライベートのモチベーションのために。

そろそろちまちました旅行は辞めて、ドカンと行きたいなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.