+1

2013/05/05

タカハシ スペースボーイ使用メモ

10年近く前に中古で買った、タカハシ製スペースボーイ赤道儀を久々にひっぱり出してきてメンテした時に気づいたことのメモ。

まず以下のハナシの前提として、中学生の時に無理な使い方をして、結構赤道儀を痛めてることがある。赤経回りの回転方向に何かが干渉した状態でモータードライブを回し続け、歯車を痛めちゃった、など。

  • スペースボーイは赤経方向の駆動のための機構として、極軸望遠鏡側(回転しない側)についている歯車を、望遠鏡側(回転する側)についているモーターからつながっているウォームギアが進んで回転するようになっている。ここに無理な力が加わった場合、回転しない側の歯車の材質の方が柔らかく、歯車がダメになってしまっていた。どういうことかというのは以下。

赤道儀の写真です。オレンジの矢印の部分が、赤経方向のモータードライブ。

「回転しない側」についている歯車が、上の写真の中央の穴の中に見える。歯がダメになってしまっている。軟鋼製?

「回転する側」のウォームギア。こっちはノーダメージ。真ん中のウォームギアの歯の間に金属片が混じっていた。手が荒れてるのはノーツッコミで。

幸いダメになっているのはあまり使わない部分のギアだったので、ギアのかみ合わせを調整し、油をさす部分に油をさして組み直し、モータードライブの電池を新品に交換したら、極めて快調に動いてくれました。工学部出身で良かった。

【参考】タカハシ スペースボーイ 赤道儀 オーバーホール

0 件のコメント:

コメントを投稿

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.