+1

2013/06/28

鎌倉巡り(その1) 十王と地蔵菩薩

先週末、鎌倉に行ってきた。ルートは、円応寺→建長寺→東慶寺→円覚寺、というもの。語りが上手くて仏教を学んでいるお友達が案内役という好待遇。カメラはCANON EOS 60D、レンズはSIGMA 30mm F1.4 HSM。



  • 十王の死後の裁きと地蔵菩薩の話

最も印象に残ったのは、円応寺で祀られている、十王と地蔵菩薩のお話。お地蔵さんを見る目が変わった日でした。

十王とは、死者が死後裁きにあう10人の神様のこと。裁きとは、7日ごと7回+百ヶ日、一周忌、三周忌、の10回。四十九日や一周忌はただの親類縁者の集まりじゃなくて、あの世で故人が無事に極楽へ行けますようにっていうお祈りの会でもあったんですねー。

んでこの五人目に出てくるのが閻魔大王。この人は実は地蔵菩薩(お地蔵さま)の別の顔(!)。この人が、六道(天上、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄)のどこに輪廻転生して生まれ変わる日を決めます。天上界って天国のようなところかと思いきや、意外と生の苦しみから逃れられていない。

仏教のそもそもの目的は、輪廻転生という生きる苦しみの無限ループから、悟りを開いて解脱し、涅槃の世界へ入ること。涅槃とは、煩悩や輪廻に惑わされない、静かな境地のこと。精神と時の部屋のイメージ。ハッピーハッピーな天国の世界とは少し雰囲気が違う。

来世でどうすればより良く生きられるかは、十王による死後の裁きの項目を知っていれば達成できます。傾向と対策です。実は十王にはそれぞれが裁く項目が決まっており、彼らの要求を達成すれば涅槃に近づけます!なんて明快!早速実践しよう。

(なんとかして涅槃にたどり着きたい!っていう考え方こそ欲の現れのような気もするんだが、そういう欲を肯定しないと宗教は成立しない。)

ところが全部実践しようとすると、とても達成できないようなクライテリアばっかり。だって簡単に達成できたら仏教いらなくなっちゃうから。公開な風に見せといて、実は特定の業者しか落札できないような条件をつけまくった入札みたいですね。

十王の裁きによりどうしても苦しみから逃れられないアナタのために、なんと仏教は、地蔵菩薩をつかわしました。いまならなんと、六道のどこに行っても助けてくれるように、六人もついてくる(ジャパネットたかた風)!!これが六地蔵です。


建長寺は釈迦ではなく地蔵菩薩が本尊です。これは、建長寺の近辺で、昔罪人を処刑していたため、彼らを救済するため。お地蔵様ってまだ悟りを開く前で、釈迦と違っていわばこっち側の人なので、修行のロールモデルとされています。そのため親しみやすい姿形をしているとのこと。


こちらは円覚寺の豪華なご本尊・釈迦如来。地蔵菩薩との違いは、釈迦がドレッドヘア、地蔵が坊主頭、釈迦が豪華絢爛、地蔵が質素、って感じ。こうして並べてみると違いがわかろうかと。


ちなみにこれは、円覚寺仏殿の天井。

さて、僕が一連の十王の裁きの話で何を考えたかというと、品質保証について考えてました(職業病)。品質保証とは、製品・サービスが、要求を過不足なく満たすこと。十王の裁きのクライテリアを達成するためにも仏教が存在することを知り、宗教とは人生における品質保証だと感じたのでした。自分の生き死にに関わることなら皆必死で達成しようとするでしょ?これを上手く製品開発者のモチベーションに応用できんかなー。

  • 以下写真でお茶を濁します。

ランチは『鉢の木』の精進料理。激混みなので予約が吉。
 色とりどりなご飯を綺麗に撮るのってムズカシイ。


円覚寺にて。なんだか生々しい木の根っこ。



これも確か円覚寺。

これは駆け込み寺・東慶寺にて。

(つづく)

2013/06/20

写真日記 SIGMA DC 30mm F1.4 HSM編


4万強するレンズを買ってしまった。カメラレンズって将来的な戦略を考えて選ぶので、何買うかめちゃくちゃ悩んだ挙句これにした。決め手は天体写真に使える明るさ、性能の良さ、コストパフォーマンス、攻めてる製品を出しているシグマというブランド。純正より数倍かっこいい。当分APS-Cで満足です。良い買い物をした。にやにや。

という訳で今回はこのレンズ(SIGMA DC 30mm F1.4 HSM)で撮った写真日記。カメラはCANON EOS 60D。



今年、人生で初めてアジサイを綺麗だとと思った。それだけスローペースで生きていることの表れでもあるんでしょう。桜→ツツジ→芝桜→アジサイと、花の移り変わりで季節が分かるのは素晴らしい。

カマキリの子供をひっさびさに見た。どこで見たかというと・・・ 


正解は茶畑。夏も近づく八十八夜なので、茶摘み体験をしてきました。これは摘んだ直後のお茶っ葉。2枚の明るい緑の葉の間に、開ききっていない葉っぱがあるのが摘み時なのだそうです。意外とすんなり折れた。


メインは茶摘み娘のコスプレをしたかったのでした。ご案内はこちら。


とうとうこのブログにも猫の写真が載る日が来てしまった。可愛いネコちゃんの写真ってゆるふわブログの典型だもんねー。なんでこの人を撮ったのかというと。。。


日暮里~上野を散歩していたら、こんなにハシタナイ格好で寝ていたのを発見したから。なぜ左の後ろ足上がるんだ?


灯籠とアジサイ。上野の何処かで。芸大の裏辺り。


上野公園では月の松が観頃でした。初めて観たけど美しい。見上げた感じ、サモトラケのニケみたいに神々しい。カメラでソフトフォーカスのエフェクトかけてます。


さて、このキラキラしたのはなんでしょう?




とうとうこのブログにもスカイツリーを煽って撮った写真が載る日が来てしまった。さっきのキラキラの正解は、スカイツリー展望台に昇るエレベーターの内装でした。展望台行きのエレベーターは春夏秋冬の4台あって、それぞれの季節に合わせた、めちゃくちゃ凝った内装があるのです。東武グループの本気を見た。実家が東武東上線沿線なので、東武さんにはここで稼いだ金で黒字が出始めたら、どんどん東上線下りの駅周りに使ってほしい。

スカイツリー、平日の夜行ったら、16時半くらいについて19時に展望台に入ることができた。それなりに空いてきている。また、都内の他の場所に比べ、お年寄り率が高かった。何かを象徴しているんだろうか。



これだけiPhone4Sで撮影。気づいたらカメラ用品増殖中。こうやってお金は貯まらなくなっていくんですねー。これからしばらくは使い込みフェーズ。にやにや。

2013/06/10

オペラ座の怪人(劇団四季) 【6/18追記】

もうすぐ千秋楽ということで、観て来ました。先日の宝塚に続き、観劇月間第二弾。実は去年に一度観に行っているんだけど、そのときあまりに良かったので思わずまた来てしまった。


去年も今年も、同じシーンで怪人の声につられて体中にぞわっとした感覚が走った。前回に比べ、ストーリーや楽曲に対して理解が深まっていた分、違った楽しみ方ができた気がする。最初の老人がラウルだとは、最初見た時よく分かってなかったし。運命に翻弄されるファントムの悲劇には、どの国の人からも共感というか同情が得られるのだろうか。

また、何度観ても小物が美しすぎる。ラストシーン、椅子に仮面だけが置いてある絵はシンプルだけど息を呑むほど美しい。いくら売れても手を抜かない、役者さんたちの本気の演技と、良い声と練られたストーリーに魅入られた週末でした。

劇団四季 作品紹介

また、オペラ座の怪人には、ファントムに着目した別のミュージカルがあるそうな。2010年にやられたきりだけど。。そのストーリーを読むと、同じ題材で全く違う雰囲気のお話になるのがわかる。

・・・今回の記事は、初めてHDR合成した写真をアップしたいから書いた記事。


*~*~*

【追記】

今週末、事前に観ようと思っていた映画版を観ました。映画が先かミュージカルが先かわからんけど、ストーリーの詳細は映画のほうがずっと詳しく描かれている気がする。ミュージカルだけ観てる人、必見。

衝撃的だったのは、映画版のカルロッタがイタリア訛り丸出しだったこと。これを日本語版ミュージカルでも再現すれば(コテコテの関西弁を喋るなど)、カルロッタのキャラがより引き立ったんじゃなかろうか。四季のラウルもイケメンだけど、映画版はもはや白馬の王子様の具現化。

歌い方って人によって全然違うんだとも思い知った。映画版の怪人は一言一言言葉を吐き出すように歌う。Point of No Return、舞台を2回観て初めて良さに気づきました。


ライフログ 時間管理のコツ

先月はささやかなライフハックとして、オフの時間の使い方を向上すべく、日常の時間の使い方を計測していた。こういうライフログにはiPhoneアプリが威力を発揮する。家計簿もiPhoneのおかげでつけはじめ、出費が半減したし。今回は時間計測をしていて気づいたことを書きます。使用アプリは"timenote"。

5月の結果がこちら。


…教養少な!途中から、教養も食事も移動も、全部「生活」に入れてしまっていた。この結果からわかるのは、僕が仕事人間でないことくらい。

  • 分類項目名は【生活】【教養】などの、行動の名前でなく、自分がどういうことをしている時間を増やしたいかによって分類しても良い。例えば【インプット/アウトプット】【生産/消費/浪費】【自分のため/誰かのため】【今のため/5年後のため/10年後のため】など。上のグラフでは、生活の中にオフの時間が全て取り込まれてしまっている。このへんはライフログによって何をしたいかっていう目的に依存する。
  • 毎日ログをつけると、寝床についた時間、起きた時間が客観的にわかるので、生活が規則的になりやすくなる。
おやすみなさい。

2013/06/02

モンテ・クリスト伯(宝塚)

今月は観劇月間。決まってるだけで3つのお芝居を観に行きます。昨日はその第一日目、東京宝塚の『モンテ・クリスト伯』



宝塚はいつか話の種に観てみたいと思っていたのが、たまたまカイシャの購買でチケットをちょっとだけ安く買えると知り、観て来ました。僕はお得な話に弱いのは置いといて。

で、モンテ・クリスト伯、良かった。女性による、(ほぼ)女性のための世界でしたが、あまり違和感なく楽しめました。恥ずかしながら私、ベルギー留学しときながら世界史についてホントに無知でして、公演後にナポレオン(1769-1821)についてWikiで調べた次第。

若かりし頃のエドモン・ダンテスがエルバ島に立ち寄ったのが1815年、復讐鬼となったダンテスが脱獄してモンテ・クリストとなるのがそれから1829年、ちなみにウィーン会議が1814~15年。ということは、ダンテスが獄中にいる間に、形式を重んじる新しい正統主義(復古主義)が、古いボナパルディズム(ナポレオン派という言葉が劇中でよく出てくる)に取って代わった。そしてダンテスの脱獄と同時に七月革命が起こり、ベルギーが独立し、フランスの産業化が進んだ。そんな時代。劇中のナポレオン派を打倒せよとされる風潮や、悪役ダングラールの投資話なんかはそんな背景のもと語られるのですね。

このへんの歴史をざっと読んで印象に残ったことをつらつらと。

まず、ナポレオンが絵に描いたようなカリスマだったってこと。没落まで含めて。時のスーパースターだったナポレオンが、スペインの内戦に首を突っ込み、ゲリラ戦に手こずって評価を悪くしたのが没落のキッカケだってのが、最近のアメリカのようで面白い。

続いてナポレオン後の、ウィーン会議のフランス代表タレーランが持ちだした正統主義について。これは、国を統治すべき貴族階級が権力を取り戻すべきだ、という考え方。国同士の戦争の後片付けの話をしていたはずなのに、いつの間にか各国に共通の国内階級の対立の整理の話になっている。皆が自由で平等だという考え方は非常に新しいんですねー(このサイトを参考にしてます)。世俗のことを考えなくても良い、ある種の特権階級がリーダーとなる方が、諸々合理的であるとは思いますが。

この時代のヨーロッパは、色んな主義主張や統治体制が入り乱れて面白い。ちなみにこの頃の日本は江戸時代後期。異国船打払令を出し、天保の大飢饉と大塩平八郎の乱が起こり、その後清でアヘン戦争が起こって開国に目覚めていくことになる。ヨーロッパと比べて非常に平和な動向です。

ナポレオンの時代の戦いの規模を、日本のそれと比較してみる。Wikiによれば、例えば皇帝になったナポレオン率いるフランス軍が、ロシア軍と戦った1807年のフリートラントの戦いは、フランス8万人 vs ロシア6万人。例えば豊臣秀吉が北条氏政を従わせようとした、1590年の小田原城の戦いは、豊臣勢22万 vs 北条勢6万弱。2001年に開催された、GLAY EXPOでの集客が20万人。この国すごい。


えーと、そうそう、宝塚の話。

今回の劇は二部制で、二部目は『レビュー』というスタイルのお芝居でした。レビューとは何なのか、いまいちわからないけれど、とにかく音楽、踊りを使って、ちょこっと風刺を入れた舞台上のエンターテイメントのこと。キャバレーやストリップのイメージ。日本でやっているのは宝塚くらいらしい。

僕はとにかくこの宝塚のレビューが苦手でした。コアなファンに向けて「私たちの誇るタカラヅカを観て!」っていうのが、「大きくなった私達をみてお父さんお母さん!」っていう学芸会ノリに見えてしまった。ダンスは素晴らしかったけど、ストーリー性がなかったのと、周りのコアなファンたちが拍手するタイミングがわからず、置いてけぼりになってしまったのと。前半の劇とはうって変わった、非常にクローズドな世界を感じました。

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.