+1

2013/08/24

モンゴル④ 星の写真 SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

天体写真ファンの参考のために。全て赤道儀なし。ポタ赤が欲しい。

今回はじめて比較明合成なるものを意識してみた。長時間露光(=加算合成)と比較明合成の違いは、地上の被写体が、明るくなりすぎずちょうどいい明るさのまんま星の軌跡を写せるということ。あと星景写真を撮るなら、もう少し広角(10mm台)か魚眼レンズほしい。


ISO800 露光160秒 絞り2.0

ISO100 露光1439秒 絞り2.8
2枚比較明合成

ISO400 露光1485秒 絞り2.8


ISO1600 露光6秒 絞り1.6
流れ星 ちょっと赤めに修正し過ぎたか。

中央部の拡大

右下部の拡大


ISO1600 露光6秒 絞り1.4
人工衛星とどこぞの星雲

ISO1600 露光6秒 絞り1.4
10枚くらいをむりやり比較明合成


↓参考↓
CANON EF50mm F1.4の天体写真使用メモ

0 件のコメント:

コメントを投稿

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.