+1

2013/10/04

【分解してみた】Owleye ハイブリッド 3W【途中まで】



以前、6000円強もする自転車ライトを買った。太陽電池とリチウムイオン電池のハイブリッドで、めちゃくちゃ明るいスグレモノ。

でも、1年弱使ったところで壊れた。壊れ方は以下のとおり。

夜道を走ってて、ライトの光り方を切り替えようとスイッチを押したら、突然消えた。そのあと、何度スイッチを押しても点灯しなくなった。消える直前まで、バッテリー残量はまだ残っていた(残量を示すライトの色は青だった)。

充電が切れたのかとUSBに繋いでみると、充電中を示す赤いライトが付いた。が、しばらくすると赤いライトが消えた。スイッチを押しても相変わらず点灯しない。バッテリーを取り外して、電圧を測ってみると、約3.8Vを示している。リチウムイオン電池ならほぼ満充電されているはず。

以上から考えられるのは、
 ①スイッチの接触不良
 ②電源周りの回路不良(素子が壊れた/外れた)
 ③ライト周りの接触不良
あたり。トリガーがスイッチを押したこと=何らかの電流が流れたことなので、①か②の可能性が高いと思った。

購入元に連絡しても応答はないし(激おこプンプン丸)、応答を待っている間に保証期間の一年は過ぎてしまったので、目で見て分かる故障ならなんとかなるだろうと分解してみることにした。ネットで探したけど分解した例は見たことがなかったので、なんとなくニーズはあるかなーと。

※あとで調べたら、メーカーの代理店は日本にもあるそうな。最初からこっちに連絡すれば良かった。
メーカーサイト→http://www.owleye.com.tw/distributor.asp
代理店サイト→http://www.riteway-jp.com/pa/owleye/owleye.html


バッテリーとLED部分を外したトコ。


LED部分外したトコ、別アングル。ここまではネジで止まっていたのでよかった。写真下側がLED部分。外周に沿ってゴムパッキンが入っている。

次に外せそうなのは、透明の太陽電池カバー。しかしどこにもネジがない。


なんと透明カバーは接着剤でくっついていたのでした。分解することを想定していないのかな。大した自信だぜ。やれやれ。


しかし肝心の基板を目前にして、分解はここで挫折したのでした。これ以上バラそうとすると、写真向かった右斜め上側、基板に対して垂直面の、スイッチ側の板を外さなきゃいけなくなる。これもどうやら接着剤でくっついているみたいだし、バラそうと思うとスイッチの根元辺りが『バキッ』といって復元不可能になる気もするし。

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.