+1

2013/12/31

オンシーズンにディズニーシーを楽しむ方法



こないだ12/29に、久々にディズニーシーに行ってきた。事前販売の日付指定チケットも売り切れて、当日も早々に入場規制がかかる混雑っぷりの中、結構満喫してきた。

回ったのはこんな感じ。

ストームライダー
ミラコスタのシルクロードガーデンでお昼ご飯
ガイドツアー(シンドバッドとタートルトーク含む)
ディズニーランドホテルのカンナで晩御飯
ファンタズミックをガイドツアー参加者用席から見る
ビッグバンドビート
ストームライダーの近くのクルクル回るやつ


いくつかコツをご紹介。


1.平日に行く
 このタイトルでこれはないなー。でも、せっかくディズニー行くのなら、有給取ってでも平日に行くのが吉。大人も子供も大勢いて、日本は今日も平和だと実感させてくれる。


2.人気あるアトラクションはあきらめる
 トイストーリー乗ってみたかったけれど、早々にファストパスもなくなっていた。大切な休みのディズニーを、240分(4時間!)立ちっぱなしで過ごすよりは、派手さは劣るかもしれないけど地味に楽しめるアトラクションを楽しむべき。ディズニーは噛めば噛むほど味が出るように作られてる。新たな発見があるかもよ!


3.金かけてでも予約できるとこは予約する
  ビッグバンドビートは、抽選にはなるが無料で確実に待ちなしで見られるショー。何度見てもテンション上がる。

  他にも、ガイドツアー、レストランなど、お金はかかるが確実に席を押さえられるとこもある。

  ガイドツアー、もし参加したことがなかったらオススメ。友達に話せる小ネタを仕入れられるだけでなく、アトラクション2個にえげつないほど待ちなしで乗れて、ミッキーさんとの記念写真も撮れて、ショーが特別席で見られる。3500円/人。




レストランも予約できるって知ってた?プライオリティシーティングというサービス。フードコートで割高のカレー(もちろん美味しいけど!)を持って必死にうろうろ席を取るよりも、少し背伸びして最高のサービスと料理を楽しむ方が素敵です。

こちらはミラコスタのシルクロードガーデン。





カンナ@ディズニーランドホテルは美味しすぎて写真撮り忘れた。



この発想で行くと最高なのはディズニーホテルに泊まること。宿泊客限定の予約サービスなどもある。世の中は金で動いていると教えてくれるディズニーランド。いつかホテルにも泊まってみたい。

何よりオリエンタルランド社員のホスピタリティにCSを学ばされました。

みなさまも良い休日を!

2013/12/18

ラブジョイ彗星

先週末、思い立って山中湖あたりまでラブジョイ彗星を見に行った。

50mm、7倍の双眼鏡で東の空を探したけれど、全然見つからない。当てずっぽうでカメラを向けたら写った。見えないものを見ようとして、持って行くのは望遠鏡よりカメラです。彗星に向かって光の筋が伸びている。ふたご座流星群かとおもいきや、この長さは衛星かな?ホントは望遠鏡で撮ろうと思っていたけれど、セッティングする時間もなさそうだったし、肉眼で視野内に追い込める自身もなかったので、そのまま標準レンズで撮り続けた。レンズは30mmだけど、下の写真は視野の80%くらいをトリミングしている。

Camera: CANON EOS 60D, Lens: SIGMA 30mm F1.4 DC HSM
WB: Sun, Exposure time 60sec, F2.8, ISO 400



下のは、星の写真を撮る時、大事なのは車通りから離れた場所のロケハンと、途中でカメラの調子が気になっても覗かない根気だと学んだ一枚。合成するとき、光がモロに入ってしまった写真は除いたら、星の航跡が飛び飛びになった。良い機材よりいい場所が大事。それにしても流れ星、写らなかったなぁ。目にはたくさん見えたのだけど。

Camera: CANON EOS 60D, Lens: SIGMA 30mm F1.4 DC HSM
WB: Sun, Exposure time 6sec×100枚強, F1.8, ISO 400


今回は一人で強行軍した。前日仕事して、22時ころ寝て、2時に家を出て、4時に現地着いて、6時ころ出て、8時に家に帰った。その後レンタカーを返して着替え、12時からの結婚パーティに参加。暖かで楽しい会でした。

星見も、同じ場所で星を撮りに来てた人との不思議な出会いがあった。あとから、あんまりプライベートの話をしないくらい年上の仕事の大先輩も、その翌日に別の場所で彗星の写真を撮っていたと聞き、一気に仲良くなった。今度彼が仲間内で持っている、天体望遠鏡用ドームに連れて行ってくれるそう。やったね!

copyright

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2008- Yuta. ALL Rights Reserved.